容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

スティーブ・ジョブズのスピーチ動画と画像 掲示板

  1. 2011/10/09(日) 02:05:09|
  2. コンピュータ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)
http://www.apple.com/jp/
アップル社のカリスマ経営者が、2011年10月5日に亡くなりました。56歳。

スティーブ・ジョブズ雑誌TIME

TIME Asia(October 17, 2011 No. 15)









<スティーブ・ジョブズのスピーチ動画(前編)>
スタンフォード大学 卒業式でのスピーチ(2005.7.14)



<スティーブ・ジョブズのスピーチ動画(後編)>


Stay Hungry. Stay Foolish.



<全世界同時発売>
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。
スティーブ・ジョブズの伝記本


アップル創設の経緯から、iPhone、iPadの誕生秘話、そして引退まで。伝説のプレゼンテーションから、経営の極意まで、ジョブズの思考がたっぷり詰まった内容。本人や家族へのインタビュー。未公開の家族写真なども公開。
ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クックなど、ジョブズの関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富に収録。



スティーブ・ジョブズ I (第1巻)


スティーブ・ジョブズ II (第2巻)











<こんなとき、ジョブズならどうするか?>
スティーブ・ジョブズのスピーチ

「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」(詳細クリック!)
iPhone、iPadなど画期的な製品で世界を変え、アップルを世界トップクラスの企業に復活させたカリスマ、スティーブ・ジョブズ。本書では、過去30年にわたり、スティーブ・ジョブズが人生や仕事で活用してきた法則を徹底的に解き明かします。この法則を取り入れると、生き方や仕事の進め方を変革し、自分の可能性を最大限に発揮できるようになります!  「こんなとき、ジョブズならどうするか?」がわかります!


法則1:大好きなことをする(キャリア)
法則2:宇宙に衝撃を与える(ビジョン)
法則3:頭に活を入れる(考え方)
法則4:製品を売るな。夢を売れ。(顧客)
法則5:1000ものことにノーと言う(デザイン)
法則6:めちゃくちゃすごい体験をつくる(体験)
法則7:メッセージの名人になる(ストーリー)











<スティーブ・ジョブズ 画像ギャラリー>

(*)スティーブ・ジョブズ 画像(朝日新聞)

(*)スティーブ・ジョブズ 画像(読売新聞)

(*)スティーブ・ジョブズ 画像(CNET Japan)

(*)スティーブ・ジョブズ 画像(ロイター)











(*)スティーブ・ウォズニアック氏インタビュー
http://japan.cnet.com/apple/35008741/
Appleの共同創設者であるスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏は米国時間2011年10月6日午前、CBSの「The Early Show」に出演し、友人Steve Jobs氏について語った。
「知らせを聞いたとき、頭の中が真っ白になった。ハンマーで打ちのめされたような気分だった」とWozniak氏は米CNETの親会社であるCBSで放映された同番組内で述べた。「こんなことになるとは誰よりも思っていなかった。一晩で多くの思い出がよみがえってきた。私たちが一緒にしたこと、それがどれだけ重要なことだったかということ、Steveの考え方、話し方、昔から変わらぬリーダーシップ、彼がものを創造するやり方。その記憶が私の頭の中でぐるぐると駆け巡った」









(*)スティーブ・ジョブズ氏と雇用の関係(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 社説)
http://jp.wsj.com/IT/node_320773
 米国の大半が意気消沈している時、アップルの創業者であり多くの愛される製品を世に送り出した主要な人物が逝ってしまった。スティーブ・ジョブズ氏が米国のサクセスストーリーの典型という評価は正しく、まさに今が、彼の成功を、米国の経済・心理両面での悪化という文脈で考えるのにふさわしい時ではないか。
 何よりもまず、スティーブ・ジョブズ氏は革新者だった。ビジネスというものは、それが何であれ、可能な限り多く売ることだ。そして、多くの場合、売るモノとは、昔の革新者が作ったものだ。たとえば、1829年にシルベスター・グラハム氏が考案したグラハムクラッカーのように。
 スティーブ・ジョブズ氏は、自分が作った製品を売ることに非常に長けていた。しかし、多くのライバルが市場シェア戦略に長い時間を費やすのに対し、ジョブズ氏は、まったく新たな市場について考えることに時間を費やした。たとえば、彼の最後の大型商品となった「iPad(アイパッド)」の投入によって、彼は新たな市場を創出した。
 アイパッドは、今から1年半前の2010年4月に発売された。昨日の時点で、米家電量販店ベストバイのウェブサイトでは、20社のメーカーのタブレット端末が販売されている。それらのタブレットは、すべてが米国製というわけではない。しかし、1年半前のジョブズ氏の革新によって、マーケティング、物流、広告など様々な雇用が米国で広がったことは、見事というほかはない。
 携帯音楽プレーヤーの「iPod(アイポッド)」(2001年11月に発売)だけでも、革新的なアップル関連製品の設計に従事する企業が「銀河系」のような大集団を形成する。20年前、「コモドール64」でベーシックのプログラムの自作に没頭した子供たちが成長し、今、このアップル「銀河系」の端で仕事を得たり、新製品を開発したりしている。
 スティーブ・ジョブズ氏が例えられる米国の革新者のなかで、最も近いのはトーマス・エジソンだろう。エジソンは、実用主義的な発明家で、蓄音機や動画撮影機、電球など多くを発明したが、それらの発明品とともに、産業の爆発的な広がりをももたらした。こうした創造の炸裂によって生み出された雇用の規模は、想像を絶するほどだ。
 ここで最も重要なのは、誰もそのような展開を予想しなかったということだ。
 スティーブ・ジョブズ氏が残した“遺産”を考えるうえで、不人気な米政治を持ち出すのは気が引けるが、オバマ大統領が昨日、1時間の記者会見の大部分を彼の「雇用創出法案」の「不成立」について嘆いたことをここで指摘したい。法案の詳細は脇に置くとしても、ワシントンの雇用創出モデルとジョブズ氏の雇用創出モデルには、結果に大きな違いがあることを感じざるを得ない。おそらく政治は、think different−発想を変えるべきなのだ。
 スティーブ・ジョブズ氏のような人物はそう簡単に現れない。しかし、3億人以上のこの国で、スティーブ・ジョブズ氏というカリフォルニア出身者に活力を与えたそのアメリカ人気質と革新の伝統さえあれば、米国が最高の人材を活用して繁栄することはまだ可能なはずだ。
 今、製品発表の有名なプレゼンテーションを行うジョブズ氏の写真――「アイパッド」を指でそっと支えるジョブズ氏、ノートパソコン「MacBook Air」の画面に収まるジョブズ氏の顔――が巷に溢れている。こうしたすべての写真には共通点がある(たとえそれが、ジョブズ氏がついに死を覚悟し始めた時のものであっても)。その共通点とは、アメリカ人の楽観主義的な笑顔だ。
 スティーブ・ジョブズ氏は信じていた。「If I build it, they will come.(それを作れば、彼らは来る)」と。事実、それは実現し、米経済の歴史において輝かしい成長と創造性の一章をもたらした。我々が今、エジソンからジョブズに至るまで、彼らから知るべきこととは、これが再現可能であるということだ。






<スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)>












<MacBook Air (マックブックエア)>
「薄い」、「軽い」、「速い」、「高級感」、「10万円を切る価格」
マックブックエア

「Apple MacBook Air 1.4GHz Core 2 Duo」(詳細クリック!)










< iPod nano>
iPod

「Apple iPod nano 8GB」 (詳細クリック!)















<格安航空券で海外旅行したい人へ>





(*)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/

スティーブ・ジョブズのスピーチ動画と画像 掲示板

DTIブログって?